ポケットWiFiの審査

FujiWiFiはデビットカードでの支払いができる?

投稿日:

銀行口座などに直結していて、支払いなどすぐにできるので管理がわかりやすいと
注目されているのがデビットカードです。

かなり多くの金融機関等からもサービス提供されているのですが、月額料金として
支払いが必要な回線契約では使えるところはほとんどありません。

モバイルルーターサービスのFUJIWiFiではデビットカードは使えるのでしょうか?
支払い方法など詳しく確認してみましょう。

FUJIWiFiはクレジットカードとコンビニ払いのみ対応

FUJIWiFiの公式サイトから支払い方法を確認してみると、対応しているのは
クレジットカードとコンビニ支払いのみとなっていまいた。

コンビニ支払いはatoneという口座振替にも対応している、特別なサービスを使った
支払い方法となっています。

基本的にはクレジットカードでの支払い、ということになりそうです。

これ以外の支払い方法には対応していない、ということでデビットカードでの支払いは
受け付けていないということでした。

更に詳しく公式サイトを調べてみると、Q&Aにしっかりと「デビットカードや
プリペイドカードの利用はできません」と明記されていました。

つまりFUJIWiFiでは公式にデビットカードを使っての支払いが出来ないということです。

デビットカードとクレジットカードの違い

FUJIWiFiではデビットカードが使えない、という事がわかりました。
ではデビットカードとクレジットカードの違いとはどこなのでしょうか?

デビットカードでもVISAなどの国際ブランドが付いている、国際ブランド自体が
発行しているものもあります。

それならばクレジットカードと同じように使うことが出来ないのでしょうか。

デビットカードは基本的に利用者の金融機関口座に直結しているカードです。
クレジットカードは一度信販会社が支払いをして、それを利用者が後から支払います。

つまりデビットカードの場合、買い物をしたときなら決算後にすぐ金融機関口座から
その金額が引き落としされます。

基本的に使った金額がそのまま引き落としされます。
口座内にお金が足りない場合は使う事が出来ません。

この「口座直結で支払いをする」というのがクレジットカードとは大きく違う
デビットカードの特徴となっています。

月次決済ができるデビットカードもある

デビットカードは基本的に利用するたびに口座から引き落としされる、という
支払い方法になります。

でもデビットカードの中には月次決済、つまり一ヶ月分の利用料金をまとめて支払う
という事ができるものもあるのです。

買い物のときに口座残高が足りなくても、後で入金しておけば問題なく買い物ができる
という本当にクレジットカードに近い使い方ができるのです。

ただ全てのデビットカードで月次決算ができる、というわけではありません。
現状は使えるデビットカードのほうが少ないです。

公式サイトで明記されているのはジャパンネット銀行デビットカードと
楽天銀行デビットカード(JCB)くらいです。

三菱UFJ-VISAデビット、セブン銀行デビットカードやソニー銀行デビットカードなども
基本的には月次決算を使えるということのようです。

後は審査がありますが、立て替えシステムというのが使えるスルガ銀行デビットや
イオン銀行VISAデビットも月次決算対応と言えるかと。

ただし使い方がクレジットカードに似ていると言っても、FUJIWiFiで支払いに使える
というわけではないようです。

FUJIWiFiでデビットカードが使えないのはコストがかかるから

FUJIWiFiに限ったことではありませんが、多くの回線契約ではデビットカードを
使う事が出来ません。

その理由はどこにあるのでしょうか?
単純に言ってしまえば、コストがかかるという問題点があるからだと考えます。

通常の買い物と違って、回線契約では回線を使った後の翌月などに料金支払い
ということになります。

そしてそのときに口座残高が足りない場合、提供したサービスの料金をもらえない
という状態になります。

料金がもらえないのは大きな損失になるので、そのユーザーには料金督促をします。
当然人的にもコストをかける必要があります。

他にもデビットカードを使うための新しいシステムを作るためのコストも必要です。
クレジットカードとは違うので同じものを流用することは出来ません。

このようにリスクが高くコストもかかるデビットカードを回線契約で使おうとする
企業はほとんどいない、というのが現状です。

デビットカードが使えるという口コミは信用しない

でもネットの口コミを見ると、FUJIWiFiの新規加入申し込みでデビットカードを
使う事が出来たという意見もあります。

クレジットカードと同じようにカード番号があり、金融機関の処理的にも似ている
デビットカードならクレジットカードとして使える可能性はあります。

でもFUJIWiFiの場合は公式サイトでも「デビットカードは使えない」と明記していて
対応支払い方法にもありません。

つまり指定された支払い方法以外を使っていることがわかると、利用規約違反とされる
可能性はとても高いです。

強制退会などの処分も考えられるので、デビットカードは使えないと明記してある
ところでの利用はやめる事をおすすめします。

コンビニ支払いではSMS対応のスマホが必須

FUJIWiFiではクレジットカードの他にコンビニ支払いも選ぶことができます。
ただしこちらの場合はちょっと特別な方法を使います。

コンビニに請求書を持っていって支払いをする、というのは同じですが手続きとして
一度atoneというサービスに登録する必要があります。

そしてatoneを使って支払いをするために、SMSが使えるスマホが必須となります。
スマホは登録の他にatoneを使って支払いをする場合にも使います。

ではこちらの支払い方法のやり方など、細かく確認していきましょう。

atoneはカードがいらない後払い決算

実はatoneというのはWEBや実店舗で使える、後払い決算のサービスです。
スマホでユーザー登録して、対応している店舗で支払いに使うことができます。

買い物での支払いをatoneで行えば、それら全ての合計金額が翌月20日に支払い
という事になります。

支払い方法は請求書によるコンビニ支払いと口座振替が選べます。
FUJIWiFiではこれを使った月額料金の支払いに対応しているのです。

口座振替でのatone支払いを選べば、コンビニに行くという手間をかけることなく
支払いをすることもできます。

感覚的にはカードの代わりにスマホを使って支払いをする、という印象です。
でも加入に審査がほぼなく、電話番号の登録で誰でも使うことができます。

本人確認のためにSMSでの認証があるので、SMSができるスマホが必須
ということになります。

支払いはコンビニか口座振替

支払いにatoneを使う場合、基本的にはコンビニで支払いをするか口座振替で払うか。
ただしコンビニでの支払い方法にも種類があります。

請求書を郵送してもらってコンビニで支払いをする方法の他にも、コンビニの
電子端末を使って支払いをすることが出来ます。

メールかスマホアプリの通知でお客様番号と受付番号が届くので、それを使って
LoppiやFamiポートなどを使っての請求書発行が出来ます。

後はそれをコンビニのレジで支払うだけです。

さらに実装が予定されているサービスとして、スマホアプリによるバーコード決済が
2020年冬から開始されるようです。

使いやすい方法で支払いをすることができる、という魅力もあります。

FUJIWiFiのおまとめプランに対応していない

便利に思えるatoneでの支払いですが注意点もあります。
まずFUJIWiFiの特徴でもあるおまとめプランでは使えません。

FUJIWiFiでは契約プランの月額料金を数カ月分まとめて支払いをすることで
割引料金で使う事ができるようになる、という特徴があります。

まとめて支払いをした後の月額料金も、おまとめプランの時の割引された後の料金で
支払いをすることができるのですが・・・

おまとめプランはクレジットカードのみ対応で、atoneでの支払いが出来ません。
長期間使うことを考えているならちょっと損をしてしまいます。

短期間で契約を終了するなら問題はないのですが。
長期の契約を考えている方は注意しましょう。

決算手数料99円がかかる

もう1つ、atoneの利用では決算をする月には「決算手数料」が99円かかります。
支払いをしない場合にはかからないのですが。

FUJIWiFiの月額料金支払いでatoneを使うなら、必ず決算手数料99円が加算されます。
つまりクレジットカードの月額料金よりもちょっと支払いが多くなります。

これはatoneの支払い方法に何を選んでも関係ありません。
決算をする場合に必ず必要になる手数料です。

口座振替に変更するためにはスマホアプリが必要

コンビニ支払いから口座振替に変更するためには、スマホアプリを使う必要があり
そのダウンロードが必要になります。

スマホアプリ自体は無料で、利用料金などもかからないのでアプリをダウンロードする
ということで余計な負担はかかりませんが。

スマホアプリから支払情報を選んで、自動引落し(口座振替)を選ぶことで変更の
手続きを開始できます。

手続きの途中で、一度外部サイトというか選んだ金融機関のサイトに行きます。
そちらで手続きをする必要があるので注意しましょう。

不用意に「戻る」ボタンを使うと手続きが完了できなくなることもあるので
変更手続きは落ち着いて、できれば自宅のWi-Fi環境で行うことをおすすめします。

atone払いを使うメリットとデメリット

特徴や注意点などを各区人したところで、atone払いを使うメリットとデメリットを
調べてみましょう。

新しいサービスを使っての支払い方法なので、特徴的なことは多いのですが。
それに対するメリットとデメリットを考えてみます。

クレジットカードのような厳しい審査がない

クレジットカードは個人信用情報の確認など、かなり厳しい審査があるのですが
atoneの場合は会員登録で使うことができます。

当然会員登録のときに電話番号の登録、その本人確認のためのSMS認証という
ある程度の審査があるのですが。

クレジットカードに比べるとかなりゆるく、SMSが使えるスマホを持っていれば
誰でも登録できるというメリットがあります。

他の店舗やWEBショッピングでも利用可能

サービスとしてatoneを使うなら、FUJIWiFiの支払いだけではなく別の買い物など
ネットショップなどでも使う事が出来ます。

支払いも翌月の20日という、クレジットカードのようなタイミングでの支払いなので
現在手持ちがなくても買い物ができるというメリットがあります。

現在でも、実店舗など多くの利用可能店舗が広がっています。
キャッシュレス決済の1つとして十分に魅力的かと。

決算手数料がかかる

デメリットとしてはatoneの場合、必ず決算手数料がかかります。
99円ですが、決算をする場合には必ず必要になります。

つまりatoneを使って支払いをする買い物ではちょっとだけ料金が高くなる
ということになります。

FUJIWiFiの月額料金もですが、手数料というコストがかかるのはちょっとした
デメリットに感じました。

利用金額の管理を自分で行う

クレジットカードと違って、利用可能金額の上限は金融機関口座内の全額です。
つまり自分でちゃんと管理しないと口座残高が足りなくなることに。

支払いが滞納している状態ではatoneを使っての支払いができなくなります。
過去に滞納をしている場合も支払いが出来ない状況になる可能性は高いです。

一応アプリで月間利用上限など管理ができるのですが・・・
それらの設定はやはり自分で行う必要があります。

それと現在三菱UFJ銀行で口座振替を使うことができません。
大手都市銀行が使えないというのもデメリットになります。

FUJIWiFiの注意点も確認

FUJIWiFiの支払い方法、atoneの注意点などを確認してきたので今度は
FUJIWiFiの注意点も確認しておきましょう。

特徴としては、契約期間の縛りがない、多くのプランを提供しているレンタルルーターが
FUJIWiFiというサービスです。

サービスを使うときにはどんな注意点があるのか、まとめてみました。

日割りでの料金支払いがない

縛りがなく、いつ解約しても違約金がかからないというのがFUJIWiFiの特徴です。
では解約するときに、月の途中なら日割り計算での支払いになるのでしょうか。

公式サイトで確認すると、FUJIWiFiでは日割り計算をしていません。
いつ解約しても、その月の月額料金は満額支払うことになります。

ただし新規加入申し込みが16日以降の場合、当月のみ支払い月額料金が半額になる
というサービスがあります。

解約時の日割り計算がないので、できる限り月末に解約したほうがちょっとだけお得です。

おまとめプランは途中解約でも返金がない

数ヶ月分の月額料金を一度に支払って、月額料金割引ができるおまとめプランですが
その支払い済みの月額料金は途中解約をしても返金されません。

おまとめプラン契約中の解約手続きは問題なく出来ます。
当然違約金なども発生しません。

ただしすでに支払いをしている金額の返金はないので、未使用分の月額料金を払い戻す
という事が出来ません。

おまとめプランで途中解約をすると、使っていない期間の月額料金が全て損失です。
解約手続きのタイミングには注意しましょう。

端末がレンタルなので故障の危険性が高い

FUJIWiFiはレンタルルーターのサービスです。
端末は全てレンタル品なので、いつ壊れるかがちょっとわかりにくいです。

しかも故障した場合には20,000円というかなり大きな弁償金を支払うことに。
バッテリーの劣化交換でもこの料金が必要になる可能性もあります。

それを考えると端末補償のオプションには加入したほうがいいのですが・・・
当然有料オプションなので月額料金がかかります。

水没、落下故障のみ対応なら月額250円で盗難と紛失、バッテリーの劣化交換まで
対応させるなら月額400円が必要です。

長期間使うなら端末補償が必須になるので、コストがちょっとかかります。

1GB通信容量当たりの料金は他のサービスと変わらない

例えばネクストモバイルでは20GBプランが2,400円で30GBなら2,700円です。
FUJIWiFiでは25GBで2,480円、50GBなら2,980円と安く感じます。

でも先ほどの端末補償があるので、実際には25GBで2,880円です。
1GB当たりの料金で考えると約115円です。

ネクストモバイルの場合は1GB当たり120円とほぼ変わりません。

使い放題プランの場合はFUJIWiFiでおまとめプランを使っても3,480円なので
ネクストモバイルの使い放題プラン3,100円のほうが安くなります。

端末補償を考えるとFUJIWiFiのお得感はかなり少なくなってしまいます。
クレジットカードを使えない場合、決算手数料も必要なのでさらに微妙です。

FUJIWiFiではデビットカードは使えない

FUJIWiFiの支払いにはデビットカードを使うことが出来ません。
クレジットカードを使えない、使いたくないという人はちょっと厳しい状況です。

一応FUJIWiFiではクレジットカード以外の支払い方法を選べるのですが、その場合には
手数料が必要になるので月額料金がちょっと高くなります。

負担が増えることを考えると、クレジットカードでの支払いという方がおすすめです。
ただしFUJIWiFiにこだわる必要はあまりない、という印象ですが。

短期間のレンタルでFUJIWiFiを使いたい、というならクレジットカードでの支払いを
おすすめします。

-ポケットWiFiの審査

Copyright© ほーとするWiFi , 2020 All Rights Reserved.