WiFiの疑問

FS030Wが起動しない時にはどうすればいい?

更新日:

モバイルルーターは持ち運んで使うので、かなり頑丈に作られているはず。
でも絶対に壊れることがない、という商品ではありません。

使いたいと思った時に、電源が入らないということになるとかなりあせってしまいます。
こんな時にはどうすればいいのでしょうか・・・

そこでFS030Wというモバイルルーターの場合で、電源が入らない時の対処方法を
確認してみることにしましょう。

起動しない理由を考えてみる

FS030Wのようなモバイルルーターは、基本的に外出時に持っていって屋外でも
インターネット回線接続をしたい時に使います。

頻繁にインターネット接続するなら、モバイルルーターをスリープモードにして
簡単に起動できるようにしていると思いますが・・・

充電のときなど、完全に電源を切っている状態から起動させる場合にはちょっと
時間がかかる場合も。

でもこの電源ボタンなどを押して起動しない、という場合にはかなりあせってしまいます。
ただすぐに故障と考えずに、まずは自分でできることを考えてみましょう。

起動しないのは何故なのか。
その理由が考えられれば、対処方法もすぐに分かるはずです。

まずは起動しない理由を考えてみましょう。

分解せずに、自分にできることを試してみる

ある程度の起動しない理由が考えられたら、それを解消するために自分ができることを
試してみましょう。

ただし基本的に分解することはおすすめしません。
モバイルルーターは精密機器なので素人が簡単に分解するものではありません。

バッテリーを使っているなど、分解することで危険を伴う場合も考えられます。
分解をせずに出来ることをやってみましょう。

ただ本体カバーを外して、そこにあるスイッチを押すなどは試してみたいです。
FS030Wでもリセットボタンが本体カバーを開けたところにあります。

ボタンが隠されていることもあるので、フタを開けるなど簡単にできることなら
試してみるのもおすすめです。

症状が改善されなければサポートセンターに連絡

自分でできることをしても症状が改善されない、起動しないというなら故障を考える
ということになります。

カスタマーセンターなどに連絡をして、場合によっては修理依頼をすることに。
当然ですが原因によって修理費用を支払う必要があります。

ただしどこに連絡をすればいいのか、という問題もあるのです。
特にFS030Wは利用している状況も多いので・・・

どんな契約でFS030Wを使っているのか、ということで連絡先が変わります。
これについても後ほど詳しく調べてみることにしましょう。

まずは起動しない時の原因とその対処方法について。
詳しく調べてみることにします。

ユーザーの不注意で起動しない場合とその対処方法

FS030Wが起動しない原因が、使っているユーザーの不注意によるもの。
簡単な確認で症状が治るものについて考えてみます。

ユーザーの不注意と言っても、間違って水中に落としてしまったなどではなく
単純に確認ミスという形の不注意で起動しない場合についてです。

基本的にはとても簡単な原因なので、すぐに対処方法を試すことが出来ます。
ただし場合によってはちょっと時間がかかることもあるのですが・・・

まずはこちらを確認してみるといいかと。

バッテリーが切れていないか

電源ボタンを押しても起動しないのは充電がされていないから。
つまりバッテリー切れを起こしている、という原因です。

家電製品でもよくある、電源コードが抜けていないかという確認と同じです。
FS030Wのバッテリーが残っているのかを確認してみましょう。

FS030Wはバッテリーがなくても充電用のMicro USBから直接電源を使って
本体を起動させることが出来ます。

充電コードをつないだ状態で起動できれば、バッテリー切れの可能性が高く
充電すれば問題解決ということになります。

ただし完全放電状態から復帰するためには時間がかかる可能性があります。
この場合30分程度充電したあとで、充電だけで起動できるのかを確認しましょう。

バッテリーがしっかりと装着されていない

バッテリーに関しては確認したほうがいいことも多いです。
例えばバッテリーのカバーがしっかりはまっていない場合に起動しないということも。

持ち運んでいる間にカバーが開いてしまうと、バッテリーがしっかり装着されていない
という状態になることも。

一度外して、しっかりとバッテリーを接続し直すという確認もしておきましょう。

またはカバーが開いてしまったことで、バッテリーの接続端子にゴミが付いてしまった
ということも考えられます。

一度バッテリーを外して再装着するなら、その時に接続端子を柔らかい布などで拭いて
汚れを落としておくというのもおすすめです。

バッテリー自体が不具合を起こしている場合もある

バッテリーに関してはもう1つ、バッテリー自体が不具合を起こしている可能性も。
その確認のために、バッテリーを外した状態で起動の確認もしておきましょう。

先ほど説明したように、FS030Wは充電ゲーブルが接続されている状態ならバッテリーが
無くても起動することが出来ます。

充電ケーブルを使っている状態でも起動せずに、バッテリーを外して起動するなら
バッテリーに問題があるということになります。

バッテリーを外しても起動しないというのは、今度は本体の異常という可能性も。
こちらもできれば確認しておきましょう。

電源ボタンを長押ししていない

本体をスリープ状態にしているだけなら、軽くボタンを押すだけでスリープから
復帰して起動状態になります。

でも完全に電源を切った状態からの起動は、電源ボタンを長押しする必要があり
3秒位押し続けるという起動方法になります。

電源を切ったことを忘れて、スリープからの起動のつもりでボタンを押している
ということはないでしょうか?

電源ボタンを長押しして、起動すれば問題なしです。
電源OFFにもならず起動しないというなら別の原因も考える必要があります。

家庭以外で充電した場合には十分に充電されていない場合も多い

しっかりと充電をしたつもりでも、自宅で充電器を使った場合とカフェなどの電源を
利用した場合ではちょっと違ってきます。

状況によっては店舗での充電は自宅よりも少ない充電になっていることもあるので
充電が足りていないという可能性もあります。

特に車のバッテリーから充電をした場合に、充電が足りていないということも多く
簡単にバッテリー切れを起こしてしまったというトラブルになっていることも。

それに持ち運んでいるからこそ、カバーの状態なども確認しておくことが必要です。
比較的簡単に出来ることは、とりあえず試してみましょう。

本体に簡単なトラブルが発生している場合の対処方法

ユーザーの使い方や不注意ではなく、FS030Wの本体に何かしらの不具合が発生し
起動しないという状況になっていることも考えられます。

ネットにつながらないなど、本体が起動している状態での不具合ならある程度は
ユーザーが出来ることもあるのですが。

本体が起動しない、という状況での不具合を解消する方法はユーザーとしてできるのは
かなり少ないです。

それでもユーザーが出来ることを考えて、対処方法を確認してみましょう。

SIMカードがしっかり装着されているかを確認

基本的にSIMフリーの端末を購入して使っていない限り、SIMカードを自分で差す
というのはあまり行わないことです。

でも背面カバーを開けるとSIMカードスロットがあるので、ここを自分で開けて
SIMカードを差し直すことは出来るのです。

基本的にかなりしっかりとガードされているので、かなりの衝撃があってもSIMカードが
抜けるということはないのですが・・・

状況によってはSIMカードが装着されていないと判断されて起動しないというのも
原因として考えられます。

一度SIMカードを外して、装着し直すというのも起動させるための1つの方法です。

本体のリセットボタンを押してみる

FS030Wでは背面カバーを開けたところに小さい穴のようなものがあり、こちらが
リセットボタンになっています。

先の尖ったもので5秒ほど押し続けると本体を工場出荷状態に戻します。
その後再起動がかかるはずですが・・・

使用を続けている中で、何かの不具合が発生したのならリセットをすることで
その不具合が解消される可能性も考えられます。

自分で設定したことは全てリセットされてしまいますが。
簡単な本体の不具合ならこれで解消される期待も高いです。

以前の機種にあった強制再起動はない

FS030Wよりも前の機種、FS010Wではリセットボタンと電源ボタンを同時に
押し続けると強制再起動が出来るという機能がありました。

起動しないという状況でも本体の確認ができたのですが、FS030Wではこちらの機能が
搭載されていません。

電源ボタンとリセットボタンを同時押ししても再起動はかからないので注意しましょう。

スリープ状態から起動しない場合は再起動してみる

普段モバイルルーターを使う場合にはスリープ状態にしていることが多いはず。
このスリープから起動しないということも考えられます。

長い時間利用していてスリープにすると、スリープ中に本体がフリーズしている
ということもあるのです。

本体がフリーズしているので起動しない、という状況になっています。
これを解消するためには一度電源を落とすことがおすすめです。

再起動させることでフリーズを解消して、起動できる状態にするのです。
普通に電源を切るように、電源ボタンを長押ししてみましょう。

電源ボタンの反応もない、という状態なら本体裏のカバーを開けてバッテリーを
外して再装着するという方法でも大丈夫です。

先ほど説明したように、再装着の前に接続端子を乾いた布で拭いておくというのも
おすすめです。

スリープ状態から起動しないなら再起動をしてみましょう。

ちょっとパターンの違う起動しない状態も考えてみる

単純に電源ボタンを押しても端末が起動しない、という状況だけではなく
ちょっと違ったパターンの起動しない状況というのも考えてみましょう。

FS030Wで起きる可能性のあること、というだけではなく他のモバイルルーターでの
症状が確認されていることもあります。

それに単に電源が入らないということではなく、すぐに電源が切れてしまうということも
起動しないと言えるかと。

それらの場合の対処方法も確認してみることにしましょう。

通信可能エリア内にいない場合、電源が切れてしまう

モバイルルーターは固定回線とは違って、同じ端末でも場所によって使えないという
状態になる可能性も高いです。

契約している回線の種類によっては特定の場所ではインターネット接続が出来ない
という状態になることも。

モバイルルーター端末によっては電波が届かないところでは電源を入れてもすぐに
電源が切れてしまう、ということもあります。

これは端末本体のバッテリーを長持ちさせるために、電波を検知するために電力消費を
させないようにするためです。

この場合は電波が受信できるところ、その回線契約で利用可能エリアにいれば問題なく
起動できるようになるはずです。

利用可能地域の確認や、電波の環境を変えるために場所を移動してみるなど
電波状況を変えてみると起動できる場合もあります。

省エネ機能が作動していないか確認

本体の設定としてはもう1つ、省エネ機能などが作動して一定時間で電源がOFFになる
という可能性も考えられます。

基本的にモバイルルーターは再起動すると電波の受信や端末との接続にかなり大きな
電力が必要になります。

そのために長時間使っても勝手に電源を切る、という機能は使われないのですが・・・
昔のルーターやレンタルルーターで設定を変更しているという可能性も。

ただし長時間データ通信が行われていない場合には待機中の電力消費がもったいないので
自動的に電源を切る機能が作動します。

このデータ通信が行われていない場合の自動電源OFFも時間設定できる端末があり
その時間がとても短いと、すぐに電源が切れてしまうという状態になります。

データ通信が長時間行われない時の電源OFF機能は多くのモバイルルーターで
基本的に搭載されている機能の1つです。

こちらの設定時間も確認しておきましょう。

バッテリーが劣化している

十分に充電しているはずなのにすぐにバッテリーが無くなってしまう、という場合には
バッテリーの劣化が考えられます。

特にFS030Wは多くのレンタルモバイルルーターのサービスで使われている端末です。
レンタルの場合は状況によってかなりバッテリーが劣化していることも考えられます。

レンタル企業によっては端末補償に加入していれば、バッテリーの交換をお願いできる
という可能性もあります。

自分で購入した場合はメーカーに交換修理、ということになるでしょうか。
バッテリーの取り外しが出来るFS030Wなら交換すれば元通りになるはずです。

ただバッテリーが埋込式の端末では端末を交換することになります。
またバッテリーの交換修理はメーカーに出す場合、修理費用がかかります。

かなり頻繁に充電が必要になった、と感じるならバッテリーが劣化していて充電が
完全に出来ないということも考えておきましょう。

本体が異常な熱を持つならすぐに修理依頼を

起動させても直ぐに電源が切れてしまう、というのはやはりバッテリーに問題がある
と考えられる場合がとても多いです。

特にモバイルルーターは持ち運びをすることが多く、かばんの中に入れっぱなしで使う
という方も多いので状態の把握がしにくい場合も。

特に注意したいのが、バッテリーの破損による発火です。
本体サイズの小さいFS030Wではあまり考えにくいことではありますが。

スマホのバッテリーは、本体に変な力がかかって曲がっているとバッテリー自体が
破損をしてとても高い熱を持つようになります。

そのまま使い続けると最悪、バッテリーから発火してカバンが燃えるボヤ事件になる
ということも多く報告されています。

モバイルバッテリーでの報告が多いのですが、スマホやモバイルルーターでも
同じことが起きる可能性はあるのです。

モバイルバッテリーなどが異常な熱を持っているなら、すぐに利用をやめて
メーカーやプロバイダのサービスカウンターに連絡をしましょう。

契約の状況で連絡先が違うので注意

色々な対処方法を試しても起動しない、ということになればサービスカウンターに
連絡をして修理を依頼することになります。

でもどこに連絡をすればいいのか。
全てメーカーに電話をする、ということではないのです。

特にFS030Wは現状レンタルのモバイルルーターサービスで利用されていることが多く
通常のプロバイダと契約して使う、ということは少ないかと。

プロバイダ契約で、端末を購入した場合は端末補償があればプロバイダに連絡をする。
分割購入の支払い後にはメーカーに連絡、ということもあるのですが・・・

FS030Wの場合はレンタルで利用している、またはネット通販などで購入して
SIMフリー端末として格安SIMなどで使っている、という状況でしょうか。

これらの場合のそれぞれの連絡先を確認してみましょう。

モバイルルーターのサービスとしてレンタル、もしくは購入している場合

端末購入、または端末レンタルをして回線契約をしている場合は契約している
プロバイダなどのサービス提供業者に連絡をします。

それぞれの契約をした時に重要書類として契約書が郵送されていると思いますが
そこに記載されているサービスダイヤルに連絡をしましょう。

ネクストモバイルの連絡先

ネクストモバイルは現在持ち運びができるモバイルルーター端末はFS030Wのみ
購入可能という状況です。

こちらはレンタルではなく端末購入ですが、契約期間中は端末のサポートも
ネクストモバイルが受け付けてくれます。

端末が起動しないという状況なら0570-015-154に連絡をします。
こちらがネクストモバイルのお客様サポートセンターの電話番号です。

FUJI WiFiの連絡先

端末レンタルで色々なプランを選べるのがFUJI WiFiです。
こちらも端末が起動しない、という状況なら契約しているFUJI WiFiが対応します。

電話番号は0570-099-213です。
対応時間は平日11時から17時となっているので注意しましょう。

自分で端末購入をした場合はメーカーに問い合わせ

FS030Wは通販サイトなどで普通に購入することが出来ます。
SIMフリー端末として購入、格安SIMなどSIMだけの契約で使うことも出来ます。

この場合は契約しているのはSIMだけなので、契約プロバイダなどの回線企業では
端末自体の補償などはありません。

つまりこちらの場合は基本的にメーカーに修理依頼をすることになります。
場合によっては通販サイトで独自の補償を出している、ということもありますが。

Amazonや楽天市場などで端末のみ購入した、という場合はメーカーに連絡をして
対応してもらうことになります。

FS030Wのメーカーは「富士ソフト」です。
公式サイトで確認すると、修理の対応はモバイル端末サポートセンターで受けています。

電話番号は050-3786-1789です。
端末修理になる場合は故障受付窓口に端末を郵送することになります。

端末だけではなく、保証書と販売店発行の納品書も必要です。
クレードルの故障ならクレードル、ACに関することならACと電源ケーブルも必要です。

詳しい説明はこちらに記載されています。
https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/support/troubleshooting.html

まずは確認、だめなら修理依頼

モバイルルーターは精密機器なのでどうしても動作不良を起こす可能性があります。
でも簡単なものなら本体の再起動やリセットで解消できるのですが・・・

起動しない、という場合はかなり問題が大きいという場合も。
ただしバッテリー切れや背面カバーが開いているという不具合ではないこともあります。

まずは本体の確認をしてみましょう。
バッテリーの再装着でも起動できるようになることはあるのです。

それでも問題解決が出来ない、起動しないというならユーザーが出来ることはありません。
メーカーや契約企業などのサポートを利用しましょう。

特にバッテリー関係の不具合の場合はとても危険です。
間違っても自分で分解などしないで、サポートセンターに連絡をしましょう。

-WiFiの疑問

Copyright© ほーとするWiFi , 2020 All Rights Reserved.